GALLERIAの付属キーボードがハンパない!

どうも、Reykiです。

普段私は仕事でも家でも
デスクトップPCを使います。
デスクトップPCに欠かせない物、
それはマウスとキーボードです。

マウスもキーボードも

こだわりがあって、これがいい
と選んで買う人もいれば、

別に使えれば何でもいいや
とPC購入時についてきた
標準アイテムを使うという人も
いると思います。

私は前者なのですが、
なぜか今、標準でついてきた
キーボードを愛用しています。

それは、ドスパラの
GALLERIA(ガレリア)PCに付属する

「Galleria Gaming Keyboard」

というキーボードです。

GALLERIAとは、ドスパラが販売する
ゲーミングPCシリーズの名前です。

ドスパラとは?【ドスパラ公式】

標準でついてくるキーボードは
「基本安っぽくて使いづらい」
という印象でしたが、
これは全く違いました。

ゲーム・普段使いどちらも
とても使いやすいんです。

下手なゲーミングキーボードより
このキーボードの方がいいのでは
というレベルでした。

いうわけで今回は、
Galleria Gaming Keyboard
のどこがいいのかを解説します。

 


1.癖のないシンプルデザイン

まず、このシンプルなデザインです。

変に突出した部分がないのが、
このキーボードの良さです。
(カッコよさでもあります)

置いてあって悪目立ちしない。
⇒すなわちどこでも使えます。

時々、ノートパソコンをイメージ
した薄いキーボードがありますが、
一番最悪なパターンです。

ただ薄いだけで使い心地に関しては
全く考えられていません。

不必要なデザインを取り入れない事が、
このキーボードの良さだと思います。


2.打鍵感・音が程よい

このキーボードのキー入力方式は
メンブレン方式というものです。
これは、一般的な付属キーボード等と
同じキー入力方式です。

他のゲーミングキーボードは
主にメカニカル方式というもので、
2つの方式の違いについては

・メンブレン
複数のキーのスイッチが1枚のシートで
出来ている。

・メカニカル
複数のキーのスイッチが独立しているため
打鍵感・音がいい。

ざっくりいうとこんな感じです。

ですが、最初このGalleriaキーボードを
触った時、メンブレン方式かを疑うほどの
とてもスムーズな打鍵感・打鍵音
キーが打ちやすい印象を受けました。

Galleriaキーボードの概要をみると
・キーストローク・キーピッチを調整
・キー内部にプランジャーを搭載
しているそうです。

キーストローク調整による
「丁度いい押し込み感」

そしてプランジャーでの
「打鍵時のブレの少なさ」
がこの打鍵感を生み出しているようです。

今までは、Razerのゲーミング(青軸
キーボードを使用していたのですが、
カチッ・カチッというスイッチ音がしました。
押し込んでいる感じで打鍵感もいいのですが、
この音、長期間使っていると飽きます
とてもいい音なんですけどね。。
あとはそこそこ音が目立ちます。
打鍵音は大きめです。

その点、Galleriaキーボードは
打鍵感のわりに音も大きくなく、
バランスが取れていると言えます。


3.ゲーミングに必須機能も網羅

私は、PCゲームをよくプレイするのですが
このキーボードで特に不自由はありません。

なぜなら、ゲームプレイに必須の

複数キー同時入力機能

が備わっているからです。
なぜ複数キーを同時に入力する必要が
あるのかというと、

移動にWキーを使っていて
「移動しながらジャンプがしたい」
と思った時、
Wキーを押したまま
Spaceキーを押しますよね?

この動作に必要なんです。

複数キー同時入力機能がないと
こういった動作をしたときに、
正しく動かない時があります。

また、Galleriaキーボードには
アルミのプレートが入っています。
これによって、白熱した状況での
激しいキー入力でも、本体が歪みません

また、スタンド部分にラバーを採用するなど、
細かい気づかいもあり、非常に使いやすいです。



さて、ここまで
Galleria GamingKeyboard
の魅力について説明してきました。

とても良いキーボードなので、
皆さん買ってみてください!

といいたいところですが・・・・・

実はこれ、あくまで付属品であって

GALLERIAシリーズのPCを購入した時

のみ付属するキーボードのようです。。

しかし!時々メルカリ等に2000円前後で

出品されることもあるので、
興味のある方は是非一度、購入してみて下さい!

勿論、GALLERIAシリーズを購入も大アリです!

GALLERIA ドスパラ公式