そのiPhoneのカバー、外してみませんか?

※最初に述べますが、私Reykiは相当なジョブズ信者です。
決してケースを使用していることを否定するものではありません。


あなたは、数あるスマートフォンの中から
どんな理由で「iPhone」を選びましたか?

  • 周りの人が使っていたから
  • 見た目がいいなと思ったから
  • CMでよく見るから

様々な理由があると思います。
その中でも「見た目」を重視した結果、
iPhoneを選んだ方。

そんな方々に今回、

「iPhoneのカバーを外してみませんか?」

という提案をしてみようと思います。

 


まず、iPhoneのカバーを外すメリットを紹介します。

 

1.iPhoneのボディを前面に押し出すことができる

 もうこれだけで十分カバーを外すことの意味があると
私は思います。(だれか共感してください・・!)

iPhoneのデザイン性を100%引き出すには、
やはりカバーを付けずに使用する必要があると思います。

「私はiPhoneを使っているぞ!」感100%です。

 

2.思っているより小さい・持ちやすい

 

カバーを外すと、一回り小さくなって持ちやすくなります。

カバーを外したときの第一印象は、「薄っ!」だと思います。

いまのiPhoneって結構薄いんです。

 


カバーを外すにあたって不安になる要素が

  • 落下時の画面割れ
  • 普段使いでの傷

大きくこの2点だと思います。

私の経験から言いますと、

傷は気にするほどつかず
画面はカバー装着時より割れません。

もちろん、でこぼこな地面に直接落とせば
ほぼ一撃で割れます。

ですが、テーブルから床に落ちた場合や、
斜めドラム洗濯機から落下した時など
室内で起こりうる落下では、
割れたり大きな傷がつくことはあまりありません。

またケースを外すことによって、
落とすことへの警戒心が自分に生まれるので
そもそも落とすこと自体が少なくなります。

普段使いでの傷に関しても、もちろん細かい線傷は
つきますが、目を凝らしてみないと分からない程度。

「機種変更時の下取りが・・」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
各通信事業者での下取りの場合は、
細かい線傷等で下取り額は落ちません。
↓↓↓

例:ソフトバンク-下取りプログラム

以上の点を加味すると、あまりカバーを外すデメリットは
感じられなくなってきませんか?


最後に、カバーを外した当初に感じたことをお話しします。(iPhone6 Plusの初期の頃は私もカバーを装着していたので)

カバーを付けていることによって

  • サイズ
  • 手触り
  • 持ちやすさ

これらすべてが、

「iPhoneの」

ではなく

「カバーの」

になっていることにお気づきでしょうか。

カバーを付けている画面の向こうのあなたが
持っているのは、間違いなくiPhoneです。

ですが、あなたの手の感触として感じているそれは

「iPhone」ではなく、「カバー」なのです。

iPhoneは、今あなたが思っているより一回り小さく、
持ちやすく、手になじむスマートなものだと思いますよ。